刺激に晒されると肌は敏感になるので、乾燥敏感肌へ移行します。

乾燥肌はバリア機能の衰えから、肌の水分保持が出来ない状態になっています。
内側の美容成分を守る機能も弱いですが、外からの刺激を防御することも出来なくなっています。
そのため、紫外線ダメージが強く出てシミになる、また刺激によりアトピー性皮膚炎になると言った肌トラブルも出やすくなります。

小さな刺激にも敏感に反応してしまうので、正しいスキンケアをしていないと乾燥肌から敏感肌に移行する可能性が高いでしょう。

また、乾燥肌と敏感肌の混合や、乾燥性敏感肌と言われる状態に陥ります。

乾燥肌対策として定番の保湿は当然ですが、肌を守るためのクリームをしっかりつけるケア方法への変更が必要です。


肌に敏感な状態が強く出ていると、乾燥肌荒れも起こしていますので、敏感肌用化粧品を使うことをオススメします。
今までは敏感肌向けの日焼け止めが少なく、紫外線方守るのも難しい状態でした。
しかし、敏感肌用化粧品メーカーから肌に優しい日焼け止めも販売される様になり、対策が取りやすくなりました。

乾燥している肌を潤すには、角質層に必要なコラーゲン・エラスチンの他に、保水力の高いセラミドを含有している化粧水がオススメです。
また、肌バリアのサポートをするにはセラミドの他に、天然保湿成分と呼ばれるNMFを配合しているのが理想的です。
ここでご紹介した美容成分は、元々肌にある成分ですが、かけていることで乾燥肌を誘発しているので、しっかり補うことが大切でしょう。

乾燥肌の洗顔では、清潔な状態を保つだけが目的ではありません。
洗顔フォームでも美容成分を補う機能を持つ様になりましたので、しっとり洗い上げるタイプに変更しましょう。

バスタイムにも注意点があり、お風呂でクレンジングや洗顔をすると、肌は無防備な状態になります。
お風呂の中は蒸気で満たされていますが、脱衣所に出てからは急激に肌の水分が失われていきます。
何もつけない肌のままでボディーケアをしていては乾燥肌が悪化しますので、浴室から出てすぐに化粧水がつけられる様にするのがコツです。
それが難しい場合は、バスタイムには洗顔・クレンジングをせず、顔だけ別に洗うと言う方法に変更した方が良いでしょう。

冬乾燥肌に悩む方は、加湿器の使用やスペシャルケアの頻度を上げることで、かなりの改善が出来ます。
夏には油断しがちですが、エアコンでも乾燥するため、手元にはミスト化粧水を置くなど工夫をして下さい。
乾燥肌の自覚がないと、ケアが行き届かずに敏感肌へ移行するため、乾燥肌タイプ診断を利用しながらコンディションチェックをして下さい。